社員の声

日々の業務をしっかり行い
学びを蓄積していくことが大切

生産管理部 生産管理一課
生産管理一係
yui akiyama
秋山 結衣

会津若松市出身|入社2年

「縁の下の力持ち」
としてのやりがい

地元での就職に絞って就職活動を行っていたとき、当社を見つけました。製造業界で働くことは考えていませんでしたが、自己分析を進めていくうちに、「なにかを作ること」と「計画を立てること」が好きだということに気づきました。漠然とした二つの好きなことを結びつけたのが製造業の「企画管理」という仕事でした。
自分自身に製品の加工スキルはありませんが、「企画管理」とは、実際に加工をする方々と共に、お客様の要求に応えられるように活動する「縁の下の力持ち的な存在である」ということを知り、「それが達成出来たとき、やりがいを感じられるのではないか、やってみたい」と素直に思いました。また、両親や知人から当社の採用試験を受けようか相談したとき「マツモトさんであれば、安心だね」と勧められました。「地域の方に知られている、良いといってもらえるような会社なんだ、素敵だな」と感じました。
幸いなことに採用試験に通り、現在に至ります。

様々な業務経験と
社外での勉強で
スキルアップ

様々な事に挑戦させていただけることと、毎日小さなことでも役に立てたときはすごくうれしいです。入社してから今までいくつかの部門に配属が決まり、様々な知識を蓄えることができています。また、自分がやってみたい事に関連した講習会へ参加させていただきました。複数の部門の業務経験と、社外での勉強をさせていただける事がより自分の能力を向上させることができると思います。
もう一つは、大学で学んだ表計算システムやデータベースソフトの使って役に立てたことです。また、業務に使うシステムの編集を任せてもらい、自分で作成した部分に「OK」をいただき毎日の業務の中で使用しています。
現在の業務は、仕入先の納入日等を調整するところです。ここで調整がうまくいき、納期通り品物を出荷できたときはやりがいを感じました。そんな体験を増やしていけるよう努力したいです。

「気づきの力」を
「改善出来る力」に

会社や職場に貢献できる人になることです。
入社して数年たち、当初よりは出来ることも増えてきましたが、まだ足りない部分が沢山あります。日々の業務をしっかり行い、学びを蓄積していくことが大切であると私は思います。自分の仕事の改善出来る箇所を考え、まず効率よく仕事を行えるようにいろいろな事に気づけるようになりたいです。
気づいたことを自分で改善できなければ、勉強したり、上司や先輩の話を聞き改善する為の力をつけます。改善出来る力がついたら、実行します。何年かかるかわかりませんが、実現できるよう努力し必要とされる存在になる事が今の私の目標です。