会社沿革

1948年(昭和23年)
初代社長 松本四郎が松本工業所として会社を創立。特許である蒸留機の製造販売を行う。
1951年(昭和26年)
各種機器類の基本部品である、精密ネジの製造販売を開始。
1952年(昭和27年)
株式改組し、松本機械工業株式会社に社名変更。資本金500万円。
1957年(昭和32年)
東京都世田谷区経堂町に経堂工場を増設し、高速精密自動盤を導入して近代化を図る。
1963年(昭和38年)
松本成一が社長に就任。
1970年(昭和45年)
資本金を1,000万円に増資。
1972年(昭和47年)
JUKI㈱と資本提携し、JUKIグループに参画。資本金を2,000万円に増資。
1973年(昭和48年)
福島県耶麻郡塩川町に、町の誘致企業として塩川工場を開設。
経堂工場を閉鎖し、塩川工場に業務を集約。
1974年(昭和49年)
熱処理装置を導入し、完成部品メーカーとして強化を図る。
1977年(昭和52年)
資本金を4,000万円に増資。
1985年(昭和60年)
安全管理「労働大臣進歩賞」受賞。
1988年(昭和63年)
創立40周年記念式典開催。新鋭「第2工場」の増築、落成。(約3,300㎡)
1989年(平成元年)
松本榮二が社長に就任。
1990年(平成2年)
資本金を7,000万円に増資。
1993年(平成5年)
塩川工場20周年(創立45周年)記念式典開催。
1995年(平成6年)
安全管理「内閣総理大臣賞」受賞。
1998年(平成10年)
創立50周年記念式典開催。
2003年(平成15年)
塩川工場30周年(創立55周年)記念式典開催。 ISO9001:2000認証取得。
2004年(平成16年)
「優良申告法人賞」受賞。
2005年(平成17年)
資材・検査棟増築。(約400㎡) ISO14001:2004認証取得。
2008年(平成20年)
創立60周年記念式典開催。
2010年(平成22年)
ISO9001:2008へ認証移行。
2013年(平成25年)
塩川工場40周年(創立65周年)記念式典開催。
2015年(平成27年)
新鋭「第3工場」の増築、落成。(約1,800㎡)
2017年(平成29年)
6月1日 松本榮二が会長に就任し、沼部敏忠が社長に就任する。
社名を松本機械工業株式会社よりマツモトプレシジョン株式会社に変更、
ミッションステートメント制定。
11月10日 創立70周年感謝の集い開催
2018年(平成30年)
ISO9001:2015,ISO14001:2015に認証移行。